テレビアンテナの形状

アンテナ工事を専門業者にお願いしようとする場合には、テレビアンテナがどのような構造になっているのか、どの部分を工事をすることによって、電波を受信できるようになるのかといった、基礎的なことを頭に入れておくと、工事の内容について良く分かるため、依頼をする時に話がスムーズに行えるようになります。

テレビアンテナの最も高い場所にあり、紙飛行機に似ている形状をしているものがVHFアンテナと呼ばれるものです。また、細長い棒に、横に何本ものワイヤーが出ている形状のものがUHFアンテナと呼ばれるものです。さらに、BSやCS放送に対応したい住宅には、専用のパラボラアンテナがその下に設置されます。また、ブースターと呼ばれる器具が取り付けられていることもあります。これらのアンテナを支えているのが、マストという柱です。そして、見えない部分では、分配器と呼ばれる器具が設置されています。

UHFアンテナは、デジタル放送が受信できるアンテナで、テレビを見るための基本的なアンテナとなります。ブースターは、必ずしも必要なものではないのですが、場所によっては、電波が弱くてテレビ移りが悪い地域や場所に設置することによって、電波の受信を拡幅することができ、電波状況を改善することができます。