新規の設置以外のアンテナ工事

新規にテレビアンテナを設置したい、という場合以外にも、アンテナ工事を業者に頼む方がおすすめできるケースもあります。

そのひとつがアンテナ取り外し工事です。昔はどの家庭でも見られた、VHFアンテナは、アナログ専用のアンテナですので、アナログ波が停止し地上デジタル放送となった現在では、もはや不要となってしまっています。昔ながらの大きなVHFアンテナを景観上の観点から取り外したい、また強風などで倒れる危険もあるため取り外したいと考える場合には、撤去作業を行いましょう。撤去をした後の処分もお願いできる専門の業者に依頼するのがおすすめです。

また、これまで住宅の中では、1つの場所のみでテレビを見ていたものの、たとえば家族が増えたり、大規模リフォームなどで、2か所、もしくは3か所以上で同じようにテレビを視聴したい、と考える場合には分配工事が必要です。分配工事では、住宅の状況に見合った部品を利用し、受信した電波を同じように分けてつなぐ必要があります。

その他にも、電波が弱くて見づらい、特定の放送のみ写りが悪い、といった場合にも、アンテナの設置場所を変えるだけでも状況が変わることがありますので、アンテナ工事業者に見積もりを依頼してみましょう。